ふぁいと!ふぁいと!美しく!

デリケートな時期ほど美容に気をつけよう

冬から春へ移行する、まさに今がその時期です。

 

この時期は特に美容に気を付けなければいけない時期だそうですよ。

 

セレブなママ友が豪語していました。

 

確かに日が長くなって、気温も徐々にですが高まっています。

 

環境の変化に身体が対応する季節なのです。

 

 

 

新陳代謝やホルモンの分泌も盛んになり、皮膚が外からの異物に反応しやすくなっています。
紫外線もどんどん強くなってきますので細心の注意が必要です。

 

 

そして春は花粉の季節!アレルギー体質の方は、この季節が一番苦手だと思います。
くしゃみや鼻水も辛いですが、鼻をかんでばかりいると摩擦で肌を痛めてしまいます。

 

 

涙を拭いすぎて目の周りが赤くなってしまったりと嫌な事ずくめです。

 

とにかく花粉症の人は、摩擦による肌トラブルに気を付ける事です。
肌のバリア機能が低下しない様に、乾燥対策や保湿を重点的に行いましょう。

 

 

話はそれますが、花粉症などでよほど肌がデリケートになっていないのならば、一度エステで専門的なケアをしてもらうのも一つの手です。

 

友達のセレブママ友は月2回エステ通いしていますが、やはり肌の状態は良いです。
いつも良い状態をキープしているなって、素人の私でも分かります。

 

 

どんな施術をしてもらっているのか聞いてみた所、その人その人によってメニューが違うのだとか。
友達は主にホワイトニングとアイケアで、気になる目周りのくすみが取れていると嬉しそうに話していました。他にもディープクレンジング、ケミカルピーリング、リフティング、オイルパックなどが一般的に行われていると言っていました。

 

 

そして私も今度体験エステに行ってみます!美肌になるためには、まず精神をリラックスさせる事から♪

 

 

今から楽しみで、それだけで若返った気分になれています。

 

⇒ 脇の脱毛|失敗しないエステはどこ?

 

アメリカでは脇毛染めが流行中?

アメリカでは、ワキの毛を染めてファッションとして楽しんでいる人がいるそうです。

 

何だか信じられない話ですよね。アメリカで人気絶頂のレディ・ガガは、エメラルドグリーンのワキ毛をアピールしていました。

 

しかしどうやらつけ毛の様です。マドンナも茶色いワキ毛をネット上で公開していました、こちらは本物の様です。

 

この影響か、様々な国でワキ毛を染めた女性の映像がWEB上にアップされています。ど
うやら髪の毛と色をリンクさせるとオシャレ(?)に見えるみたいです。

 

 

ブルー・紫・イエローなど、かなり個性的なワキ毛がアップされていました。ピュアな顔立ちの人もいて、結構衝撃的なのは私だけではない筈です。ワキ毛の染め方ですが、まず脱色クリームを使って脱色した後にお好みのカラーリング剤で染める様です。

 

 

何だか肌に悪い気もしますし、そもそもワキは髪の毛と違って毛周期が短めなので、まばらに抜けて黒い毛(金髪の女性は金髪の毛)がお目見えするでしょう。

 

 

そもそもワキ毛を染めるのは、白い肌と黒い毛のコントラストが強めな日本人女性にはミスマッチかもしれません。
新しく黒い毛が生えてくるとおかしいですし、その都度染めるのは肌にも悪そうです。

 

 

でもファッションは自由なので、もしかしたらワキを染める日本人女性が現れるかも・・?個人的には、やはりワキの脱毛はするべきだと思います。

 

見た目にも衛生面にも、脱毛が1番です。